精神科や心療内科に通院していても保障で安心を手に入れられる

サイトメニュー

精神的な病気と加入の可否

診察

疾病と保障商品の種類とそれらの特色

メンタルクリニックといった精神科や心療内科でうつ病の治療をしている人は、民間の生命保険に加入できない場合が多くなっています。その理由は、症状が軽微でも注意力が低下するので怪我をしやすく、そのうえ不眠症で体調を崩しやすいなど、販売会社から見ればリスクが高くなるからです。ただし全てにおいて加入できない訳でもなく、契約条件が緩和されたタイプは加入できる場合があります。また、貯蓄を目的にした民間の個人年金保険も、病院でうつ病を治療していても大抵入れるのです。基本的にこの商品は疾病や亡くなることに対して保障が備わっていないため、加入時に告知は伴わず、それにより入れるようになっています。ですが疾病保障や他界した際の保障が付帯する商品なら告知が必要になり、その場合は精神疾患を患っていると入れないことが少なくありません。そのほか、任意加入の自動車保険なども、うつ病中であっても入れる保険です。もちろん加入規定でうつ病の人は除く、といった文言が記されていれば別ですが、各社ともそのような記述はほぼ見当たりません。そもそも申込時に健康状態に関する診断書などは要らないため、精神科や心療内科に通院中でも、販売会社がそれを知る術がない状態です。
健康な時はそつなくこなした仕事も、うつ病になると上手くできなくなり、病状が進めば出勤自体が困難になります。そうなると収入が激減する一方で、精神科や心療内科での治療費や入院代といった負担が増えるため、生活も苦しくなるのが一般的です。ですがその場合でも就業不能保険に加入していれば既定のお金をもらえますから、できれば健康な時に加入しておきましょう。ただしこの商品にも精神疾患でお金が支払われる種類と、支払われない種類が存在するため、うつ病に備えるならそれに対応するタイプへ入るのが大前提です。例えばストレス性の病気に対応しているなど、気分障害をカバーする就業不能保険であれば、うつ病に罹ってもお金をもらえます。気分障害は主に2種類の疾病の総称であり、1つは心の状態が沈下した後は逆に高ぶるなど、気分の上下が交互に訪れる躁うつ病です。この種の疾病は双極性障害とも呼ばれていますが、人によっては気分の沈下症状が少なく、行動が活発化する躁状態だけが現れるケースも稀にあります。そしてもう1つが一般的に知られているうつ病であり、こちらは双極性障害と違って躁状態にはならず、気分の沈下だけ現れるのが特徴です。どちらも精神科や心療内科が治療先になるため、疑わしい時は早期の段階で受診してケアしておきましょう。

Copyright© 2019 精神科や心療内科に通院していても保障で安心を手に入れられる All Rights Reserved.